「大村 康太」の記事

協力隊活動

パラグアイでの初試合。自分の存在を認知してもらい、現地人を巻き込み、”協力”活動をしたい。

ぼくがこの試合に出た価値は大きいと思う。 とにかく「ボランティアがいる」という存在を認知してもらうことができた。だから自分の試合はもちろん記録もほしいところだったけど、基本的にはパラグアイの選手の応援。 選手として出るこ…

協力隊活動

陸上競技ついて自分で考え、自発的に行動できるパラグアイの首都の選手は、なぜモチベーションが高いのか?

まだスペイン語は下手ですが、それでも以前と比べてだいぶコミュニケーションをとることができるようになりました。 もっと彼らを知って、自分も知ってもらって仲良くなりたい。そしてともに高みを目指したい。 首都の選手の一生懸命な…

協力隊活動

世界一流選手を知るキューバ人コーチが考える、パラグアイに足りない「組織化」「しつけ」の重要性とボランティアの考え。

そこで気になったのは、 「組織化」 というワード。 教育面において、キューバでは小学校の頃から体育があり、いろいろなスポーツをする環境が整っているといいます。低年齢からいろいろな運動経験を積めるシステムが構築されていると…

ブログ運営

1年間ブログ運営を続けてきて感じる「自分のリアル」を発信することの価値と人生の変化。PV数を求めないブログ運営論。

少し前になりますが、ブログを始めてから1年が経過しました。 ✔️だいたい更新記事は150記事。✔月間PV1万程度✔SEO対策皆無✔ハウツー記事ほぼなし✔ニッチテーマ「青年海外協力隊」の記事量産 だから正直、一般的な人に役…

協力隊活動

ぼくや選手の陸上競技に対する想いなんて簡単に踏みにじられる。計画性のなさと見通しのなさが露呈して試合への出場が取りやめになった。

3月17日に任地サンタロサの選手も出場する予定だった大会があったのですが、 大会2日前、急遽大会への出場をしないとの話をカウンターパートから受けました。   ※今はイライラも収まり次へのステップを歩みだしていま…