(本)~勝ち続ける意志力~世界一のゲーマー梅原大吾から学ぶ「本当の強さ」とは?

よく勝負事で無類の強さを発揮する人っていますよね?

例えば陸上競技であればウサインボルト。相撲であれば白鵬。将棋であれば羽生善治。そしてプロゲーマーの梅原大吾さん。

彼らは大一番で無類の強さを発揮します。

 

ぼくたちでも、ものすごい結果を出している人と同じくらい、あるいはそれ以上の努力をする人っています。それでまぐれで勝てるときは勝てるけど、なかなか勝ち続けられない。

強さにも種類があると思うんです。本当の強さを持った人は何をやっても強いです。

 

それじゃあ、「本当の強さ」って一体何なのでしょうか?梅原大吾さんの「勝ち続ける意志力」という本から答えを探っていきたいと思います。

 

1.勝つことに執着している人間は、勝ち続けることができない

そもそも勝ち続けることができる人とそうでない人の違いって、

「結果を出す」ことと「結果を出し続ける」ことは根本的に性質が異なる

引用:勝ち続ける意志力(梅原大吾)P14

ということを知らないからだと思います。

 

「結果を出す」ことは言ってしまえば「まぐれ」的な要素の方が大きい。つまり実力がなくてもなんとなく運が良くて「結果が出てしまった」ということが生じてしまいます。

実力がなくて「結果が出てしまった」という状態は、そもそも実力がないので勝つことを繰り返すという再現力がないんですね。なぜ結果が出たのかわからないからそれを再現できない。

 

対して、「結果を出し続ける」ことは、実力が伴っているということです。実力があればどんな状況にも対応することができるしなぜ結果が出たのかを理解することができるので結果を出し続けることが出来る。

そして結果を出し続ける人は「結果を出す」ことに力を入れているのではなく、「どんな状態でも圧倒的な実力があれば結果を出せる」という思考を持っているので、実力磨きに力を入れるんですね。ここが大きな違い。

 

学校の試験を受けるときに、

  1. テストで結果を出すことに力を入れる
    ⇒テストの範囲だけ勉強する
  2. 実力をつけることに力を入れる
    ⇒テスト勉強で必要な範囲以上の勉強と理解に努める⇒テストで結果が出る

同じテストで結果を出すでも、2の方がカバーしている範囲も広ければ理解も深いので勝手に結果を出すことができます。

それで彼らは広範囲に渡って理解していて自分で考えるので応用が効くようになります。だからどんな形でも対応できて結果として結果を出し続けることができます。

 

勝つことに執着している人間は、結果に意識するあまり本当に大切な実力をつける過程を大切にしていないから、まぐれな結果で終わってしまうのです。

本当に結果を出し続ける強さを身に付けるためには、圧倒的な実力を身に付けることが必要なのです。

「結果を出す」ことと「結果を出し続ける」ことは根本的に性質が異なる』ことを理解しているからこそ結果を出し続けられるんですね。

こうして本当の強さを発揮できるんです。

 

2.勝つことに執着している人間は自信がない

勝つことに執着している人間は、言ってしまえば勝つか負けるかのギリギリのところで戦っていることを自分で認めているようなものです。だから圧倒的な自信がない。

圧倒的な実力を身につけている人は、そもそも勝つことなんて気にしなくても実力があるので勝手に勝ってしまう。だから圧倒的な自信がある。

もう、この時点で勝負が付いてるんですよ。

 

自信は日々の鍛錬でしか鍛えることができません。

まぐれで勝ったとしても、それはまぐれだと本人も薄々気づいているはずなので自信を大きくすることができないんですよ。

本当の強さじゃないから。

 

3.「本当の強さ」とは?

そもそも勝負の本質は、その人の好みやスタイルとは関係のないところにある。勝つために最善の行動を取ること。それこそが重要なのであって、趣味嗜好は瑣末で個人的な願望に過ぎない。

引用:勝ち続ける意志力(梅原大吾)P56

 

スピードや反射神経に頼るのではなく、戦術や戦略を重視し、応用力を身に付ければ年齢は少しも怖くない。自分の得意なものを捨てて、いかに勝つか。そこを追求する。「この技ができるから細かいことはいらない」と考えるのではなく、自分の得意な技があったとしてもそれに頼らず、どんな状況でも勝てる方法を探るべきである。

引用:勝ち続ける意志力(梅原大吾)P57

 

「勝つことにこだわる」という思考は、もうそれ自体が趣味嗜好レベルなんです。だからセオリー通りを追求して楽な勝利を目指してしまう。そういう人はセオリーから外れた戦いには対応できないので、実力不足で負けます。

 

対して勝ち続ける人は実力があるので、セオリーに縛られない。セオリーはそれを知らない人には有効だけど、セオリー自体には力がないことを勝ち続ける人は知っています。そしてセオリーが100の力を発揮するとしても、セオリーを真似るだけでは100を超えられません。

勝負というのは100を出すことではなく相手を超えることが大切なんです。だから勝ち続ける人は常に100以上の力を手に入れるために変化を求めます。

陸上競技で言えば室伏広治さんが有名ですよね。既存の理論に囚われていたら理論以上になることがないので、圧倒的な実力をつけるために彼は人とは違ったことをしていました。ハンマーをぶら下げたウエイトトレーニングとか、漁に使う網を投げたりとか、新聞紙を握ったりとか、うちわ投げたりとか。。。

そうやってセオリーに従わずに常に変化を求めることで、本当の意味での強さが身に付きます。実力が高まるのです。

 

実力が高まればどんな状況にも対応できます。そしてそれ自体が自信になります。

セオリーが最善策ではありません。

自分自身が導き出す芯の通った自分自身の追求

これこそが圧倒的な自信と実力を身に付けるのだと思います。だから勝手に勝てる。

 

4.勝ち続けるには

勝ち続けるためには、勝って天狗にならず、負けてなお卑屈にならないと言う絶妙な精神状態を保つことで、バランスを崩さず真摯にゲームと向き合い続ける必要がある。

(中略)

自分も人間だし相手も人間であるという事実を忘れないようにすることが、バランスを崩さないことだと考えている。つまり、自分にも相手にも特別なことは何もないということだ。

引用:勝ち続ける意志力(梅原大吾)P57

 

どれだけ勝とうが負けようが、結局は誰もがひとりの人間に過ぎず、結果はその時だけのものだ。勝敗には必ず原因があり、結果は原因に対する反応でしかない。刹那的な結果に左右されず、勝てるようになるための努力を怠っていいはずはない。そう考えることが出来れば、バランスが崩れるようなことはない。

引用:勝ち続ける意志力(梅原大吾)P58

 

自分にも相手にも特別なことは何もないということだ。

ということは、誰しもイーブンなわけですよ。AくんもBくんも何か新しいことに挑戦するときは同じところ能力1でスタートします。

能力1のAくんはセオリーを学ぶ事によって勝つことを覚えました。ところがセオリーが通じなくなると勝てません。なぜならセオリーはAくんの実力ではないから。つまりセオリーを身につけたところでAくんの実力は能力1のままということです。

対してBくんは、セオリーよりもその時その時の勝つための最善策を考えて実行してきました。そうすると自分に足りないところもわかるし、得意なこともわかってくる。得意なことには時間をかけずに足りないところをできるようにした彼は能力値が底上げされて能力が5になりました。

どちらが強いですか?ということです。Bくんに決まってます。

 

そして実力を磨いている人は勝負に一喜一憂することがありません。なぜなら勝負の結果は実力を反映していることがわかっているから。

ならもっと圧倒的な実力をつけるだけなので話が早いわけです。

セオリーで勝負する人は「なぜセオリー通りにやったのに負けたんだ!?」となります。そしてセオリーに原因があると勘違いします。本当はただ人としての基礎的な実力がないだけなのに。

 

 

ゲームに限らず勝ち続けるためには、やっぱりセオリーをたどるのではなく、常に変化して110や120の実力を身に付ける地道な努力をするしかないんです。

ぼくがやっている陸上競技だってそう。

陸上のトレーニング論なんてほぼセオリーですよ。それでは100を超えることができません。勝ち続けるためには変化して、常に自分が必要となること、勝ち続けるに必要な能力を身につけることを創造して変化していくことが必須なんです。

これが日本の陸上競技文化に足りないところだと思います。

 

まとめ

本当の強さとは、

小手先の技術やごまかしではなく、自分自身が導き出す芯の通った自分自身の追求によって得られる圧倒的な実力

のことをいいます。セオリーを使いこなせる能力ではありません。どんな状況にも対応できる圧倒的実力。

 

スポーツをやっているといつの間にか出来ることばかりやってしまいがちです。

これは一種のセオリーにはまってしまっているので、本当の実力の向上にはつながっていません。これがぼくが大学生の時に落ちた罠でした。

できることをやってもただそれだけのことで100の実力が上がるわけではありません。100の実力が上がらなければ成長とは言わないし、それは練習ではなくてただの「消耗」です。間違った努力です。

 

常に変化して自分の本質的な能力を向上させるための努力を惜しまないこと。

これが本当の強さを身に付ける為に必要なことです。

 

勝ち続けられないひとはこの点を振り返ってほしいと思います。

 

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

Facebookページにいいね!お願いしますヽ(´▽`)/

大村
いいね!押してもらえるとめっちゃ嬉しい!
更新情報お届けしまっせ~

LINE@始めました!

大村
・日々の悩み事
・人生相談
などなど、大村流でトーク!!!

友達追加は↓のボタンをポチッとな♪
※個別にやりとりしたい人は、TwitterかFacebookページからメッセージお願いします。

友だち追加

コメントを残す