(作例あり)一眼レフを買えない人におすすめのコンデジは「SONY RX100」で決まり!

ぼくは協力隊の参加を機に一眼レフカメラを買いました。毎日使うことはないのですが、やっぱり使うときは毎日楽しいカメライフを送っています。

(写真)一眼レフを買って1ヶ月。初心者でもこんなにきれいに撮影できるよ!

2017.04.22

青年海外協力隊は一眼レフカメラを準備しよう!写真のセカイが激変する!

2017.03.25

 

「毎日使うことはない」

そう、一眼レフの弱点は手軽さがないところです。確かに一眼レフカメラはものすごくいい写真を撮ることができますが、

  • カメラの値段が高い
  • カメラ自体が大きくて重い

という、カメラを今まで使ったことのない人にとってはちょっとハードルが高いのも事実です。

 

「なんか別にスマホのカメラがあるからいいかなぁ」と思っているあなた。

そんなときはコンデジも選択肢に入れましょう。一眼レフと比べると確かにカメラ自体の迫力がないですよね?コンデジっていい写真撮れるの?とぼくも最初は思っていました。

だけど、どうやら最近のコンデジ市場は劇的な進化を遂げているようです。ぼくもこれから紹介する「SONY RX100」を買うまではコンデジでいい写真が撮れるか不安でした。

 

ただ、そんな心配はもう不要。お見せしましょう。「SONY RX100」の実力を!!

 

1.「SONY RX100」という最強のコンデジ

  1. 1.0型センサーF1.8レンズを小型ボディに搭載
  2. 使用頻度の高い領域をカバーした光学3.6倍ズーム(28mm-100mm)
  3. 7.2倍相当(200mm)までズームアップできる“全画素超解像“ズーム
  4. 撮りたい瞬間を逃さない高速オートフォーカス
  5. 個性的なアート作品を生み出す「ピクチャーエフェクト」
  6. カメラ一振りでパノラマ写真ができる「スイングパノラマ」
  7. 動画撮影中でも、写真を同時記録

引用:SONY

とこんな感じで、コンデジなのに一眼レフと同等のお仕事をしてくれるんです、このRX100。

しかも安い。ぼくはオークションで29500円で落札しましたが、運がよければあと2000円くらい安く買うことができると思います。コスパ最強ですよ?

amazonの評価もかなりいいですよ!

 

ぼくは最初から一眼レフとコンデジの2台持ちをしようと考えていましたが、最初は「SONY RX100」と「RICOH GR」で迷っていました。

理由はセンサーサイズ。ぼくもカメラ初心者なので引っかかったのですが、写真って「2000万画素」とか「1600万画素」とか聞いたことありませんか?実は通称ヤバイと言われるくらいいい写真は画素数ではなく「センサーサイズ」が関係しているようなのです。初心者のみなさん、知ってましたか?

なので、カメラを選ぶときは画素数ではなくセンサーサイズで決めると間違いないわけです。

ポイント

いい写真を撮りたければ、画素数ではなく「センサーサイズ」に着目せよ!

センサーサイズの説明はこのサイトが詳しく説明しているので参考にしてください。
ガバサク談義

 

RICOH GRはコンデジにも関わらずセンサーサイズが「APS-C」という、一眼レフに使われているものと同等なんです。つまり、一眼レフを小型化したという最強のスナップシューターなのです。ただ、ぼくは一眼レフを持っているし、GRはズーム機能がないので協力隊の活動を記録するには不向きだと考えました。

よって、GRには劣るものの、1.0型センサーという、これまたコンデジでは最強クラスのセンサーを搭載していて、かつズームもできるというSONY RX100を購入したわけです。

 

そして、このRX100の素晴らしさ。

それはF値1.8という、ボケ好きには最高の写真が撮れるところです。簡単にいうと、F値っていうのは「数字が小さいほどボケがたくさん出せる」と理解してください。F1.8で最強のボケを出すこともできるし、風景写真もF10とかF値を変更することができるのでくっきりとした写真を撮ることも可能です。すばらしい。

ズームもできちゃう。これでいろいろなサイズの写真が撮れますね!

そして、オートフォーカス機能が熱いのです!写真を撮る前にどの被写体にピントを合わせるかを決めることができ、一度ピントを決めたらそのピントを追います。なので、写真の端っこに被写体をおいてもそれにピントを合わせることができるので、端っこはピントくっきり、周りはボケみたいな写真も撮れます。

あとは、エフェクト機能。遊べるんですよ、カメラで。これまた面白い写真が撮れるので撮影が楽しくなります。白黒だと上の桜の写真とまた雰囲気が違いますよね?

 

もう、ポケットに入れることができて気軽に撮影できるなんて、最強ですよ。SONY RX100。写真撮影面倒くさいと思っている人でも本当におすすめです!

 

2.作例紹介。いろんな味の写真が撮れます

まずは普通の写真。

 

焦点距離28mmなのでまずまず広角撮影できます。

 

ボケ。コンデジでも手前のものをこんなに主張できます。

 

ほふく前進のような姿勢で撮影すれば、ただの草もなんか大草原みたいな感じに。

 

白黒でまた違った味が出ます。

 

手前を大きく、先端を奥にして撮影すると桜の木が面白くなります。木の皮のリアルさ。すごいでしょ?コンデジですよ?

 

これはエフェクト機能「レトロ」で撮影。

 

これもエフェクト機能を変えて撮影。普通に撮影したら撮れないですよね?これも面白い。

 

「水彩画」という特殊なエフェクトモード。これ楽しい(笑)

 

白黒だと空の色も濃淡が微妙に出て面白いですね。

 

こんな感じでF値とズーム機能、エフェクト機能だけをいじって使ってもこんな感じで写真が撮れます。ぼくはまだ写真が詳しいわけではないので、もっといろいろな機能があると思いますが、ぼくがいじったのはたった3つの機能だけです。

こんないろいろな写真をコンデジたった一つで撮影できるんですよ。すごくないですか?

金欠で一眼レフを買うことができない人は、十分コンデジを検討してもいいのかなと思います。あとは重たいのを持つのが嫌な人。コンデジのメリット「軽さ」は正義です。

一眼レフより安いし、ポケットからサッと取り出してすぐに撮影できる。おまけに写りも素晴らしい。コスパ最強なんですよ、SONY RX100は。

 

まとめ

  1. 一眼レフより安い
  2. 軽い
  3. ズームができる
  4. 写りがいい
  5. 強いボケも出せる
  6. 気軽に撮影できる(面倒くさくない)

メリットだらけのSONY RX100。ぼくも使ってしばらく経ちますが、やっぱりかなりいいです。GRと迷いましたが買って正解だったと思っています。風景写真だけだったらGRでもいいんですけどねぇ。

amazonのレビューもバカみたいにいいのでハズレない思います。スマホでしか撮影したことがない人がこのカメラを手にしたとき、本当に世界変わりますんで。写真撮影が楽しくなりますよ?

あと、青年海外協力隊でブログを書こうと思っている人にもオススメです。やっぱり写真は綺麗なほうがいいですよね?現地でスマホで撮影してたらスマホ盗まれましたとか悲しいですからね。スマホは狙われますよ~

 

ただ、前も書いたと思いますが、いいカメラを持ってもやっぱり結局のところその人の撮影技術によるところが大きいのも事実。

なので、カメラを購入したら絶対に練習したほうがいいと思います。撮影技術や技ってたった少し意識するだけで大きく変わるものです。難しい技術を使わなくても簡単なものだけで写真が大きく変わります。

 

そんなことで、まだスマホで撮影しているみなさん。

コンデジ市場は熱いですよ?

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

Facebookページにいいね!お願いしますヽ(´▽`)/

大村
いいね!押してもらえるとめっちゃ嬉しい!
更新情報お届けしまっせ~

LINE@始めました!

大村
・日々の悩み事
・人生相談
などなど、大村流でトーク!!!

友達追加は↓のボタンをポチッとな♪
※個別にやりとりしたい人は、TwitterかFacebookページからメッセージお願いします。

友だち追加

コメントを残す