「競技者はアーティスト」だ。

 

パラグアイの陸上競技の問題の一つに、

問題

選手は完全に受身で、練習は完全に指導者次第

があります。

 

 

これは前任地でもそうでしたが、基本的にはグラウンドに来ても自分で練習を始めることはありません。

今日何するの?と聞いても、「これからメニューを聞く」と答えるんですね。

なので、そういう選手は指導者からの返信が来るまでは自分からウォーミングアップすることすらありません。

ウォーミングアップなんてほぼやること決まってるじゃないですか。

それすらやらない。

 

 

最近は少しずつ聞くことはなくなってきたけど、任地変更後すぐは、「指導者がこういったからこれをやる」という感じでした。

つまり、自分の課題に対するアプローチを指導者任せにしているということです。

指導者は客観視はできても選手の主観までは完全に理解することができません。

主観って人それぞれだからこそ、方法論の中に感覚がないといけない。

そしてそこに感覚が伴っていなければ、目的をもってやることができなければ、課題達成のためのいい練習ができません。

 

 

  • なぜ
  • 何のために
  • 意味

そういうのを理解する前に、指導者が言ったからという理由で体を動かすのは大きな問題です。

体を動かすのはって書きましたが、目的も理由もない運動って練習じゃなくて身体動作ですからね。

 

 

誰のための陸上競技なのか

って、もう答えは決まってるじゃないですか。

指導者のために?

親のために?

いや、自分自身のためです。

 

 

自分の競技人生を完全に人任せにしてしまっているの、どうしてそうしちゃうんだろうなぁ、って疑問に思います。

それがパラグアイの指導者と選手の関係性の特徴といえばそれまでだけど、選手は自分から自発的に自分の競技について考えてほしいなって思います。

 

 

自分の競技人生は自分のためなのだから、自分でデザインしなきゃ。

 

 

ときどき選手には伝えていますが、

「競技者はアーティスト」

です。

競技人生を完全に人任せにしていたら限界は見えています。

自分がなりたい選手像ってどんなものだろうかって考えて、そこに近づくために自分で試行錯誤してよくなろうと努力する。

それが競技者だと思っています。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。