南米大会出場のお祝いと初めての日本食体験!

2019/5/10の記録

 

 

指導している選手が女子パラグアイ史上初の11秒台を達成したので、お祝いで日本食屋さんに連れてきました(彼女の車で連れて行かれました)。

 

 

実はパラグアイに来てから初めて選手をご飯に連れて行きました。昨年彼女がパラグアイ記録を初めて更新した時も連れて行っていませんし、その他の選手も同様です。選手の家では何度もアサードをやったりご飯を食べたりしていましたが、完全プライベートでご飯に連れてくるのは初めて。

帰国まで残り約4ヶ月弱。
こうやってプライベートで交流するとは思っていなかったので、ぼくにとっても大切な経験になりました。

たかだかご飯に連れて行くだけですけど、ぼくは本当にこういうのが苦手だったので大学生活でもほとんどこういう経験がなかったんです。それがパラグアイに来てぼく自身の立場が選手から指導者に変わったことが自分にとっても大きな転機になったのだと思います。

 

 

彼女はポジョドン(鳥丼)を注文。栄養価を考えてあらゆる日本食の中からポジョドンを選択したようです。さすがアスリート。
ぼくはラーメンを注文。あとは餃子をぜひ試してほしかったので餃子も注文。

動画のとおり、箸に慣れていない選手ががんばって餃子を箸で食べようとした結果がこれです。不覚にもめちゃくちゃ面白いですね(笑)

 

 

選手をご飯に連れてきて感じたのは、こうやって交流を深めることもとても大切だということです。
競技場では陸上のことばかり話しますが、こういう場では違う話もできます。ぼく自身が陸上競技だけではなく人生も大切にしてほしいと選手に伝えているので、ぼくがこうやって陸上ではない何かに誘うということも指導者として大切だと思いました。
陸上だけじゃなくてそれ以外も頑張れと言っても実際指導者が陸上の話ばかりだと説得力がないですからね…

 

 

今回は選手が目標としていた南米大会出場を達成することができました。それはぼく自身にとっても大きな挑戦でした。

たとえ指導に自信があったとしてもそれを現実にできなければ口だけの指導者です。彼女の目標を達成するうえで、指導だけでなく自分が努力しなければならないことは何なのかを問い続けて、その度に考えて行動してきた結果だと思っています。

 

 

選手が日本食を喜んでくれてよかったです。そしてぼく自身もこうやってプライベートでご飯を食べる関係の選手を持つことができてうれしいです。個人としての成長も感じています。

いいリフレッシュ!
次は南米大会!

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。