自信

 

男子100mと200mのパラグアイ記録保持者の今年度の記録はぼくが指導し始めるまでイマイチでした。

まだ任地変更をする前、彼と試合会場で会って話をしても、

  • 今日は風が強いから記録は出せない
  • 気温が低いから記録は出せない

という外的要因にしか記録を出せるか出せないかの根拠を見出すことができていませんでした。

つまり、彼が記録を出せるかどうかは天気次第、ということでした。

そんなことで本当に強くなれるかと言われたら、言うまでもなく強くなることなんて不可能です。

自分の本当の実力を高めることから目を背けているようでした。

 

 

 

任地が変わって、カウンターパートといっしょぼくも選手を見始めてから、こんな感じで少しずつ行動や発言が変わってきました。

ぼくが変えようとして変えたわけではないけど、間違いなくぼくの発言や行動に影響を受けていると思います。

ぼくは、とにかく選手に自己記録を更新してほしいと思っています。4年間も厳しい練習をしていても一向に記録が伸びないなんて、本当につまらないんですよ。

ぼくも記録が伸びなかった時期があるからこそ(怪我が原因)、そういうつまらない思いをしながら競技をしてほしくないし、どうせだったら楽しくやってほしいと思っています。

話をしてわかったのは、記録が出ない時期がずっと続いている中で、カウンターパートが練習の目的や意味を伝えないままに厳しい練習メニューを提示していたからストレスが溜まっていたようです。

だからモチベーションも上がらないし、ときにはちょっとイラっとしていたみたい。

でも今、彼にとってマイナス要因だった過去の要因が少しずつ改善されていること、そして、ぼくが任地変更をしてから確実に記録が安定し向上していることから、彼自身も手応えを感じているようです。

この「手応え」というのが本当に大切。

手応えを感じることができている要因は、それまでの過程が充実していて、かつ、それぞれの課題を達成できているということ。

これが「手応え」を感じる「根拠」です。

選手はそれを感じることができています。

 

 

選手が前向きになってきました。

ぼくはただ話をしているだけで特別なことは特にやっていませんが、逆にそれが大切だと思ってやっています。

自信のある選手は強い。

それはどこの国の選手でも同じです。

「オレはできる!」という自信をもっとつけていってほしいです。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。