指導者と選手の感覚的な違い

 

選手と指導者が練習中に感覚的に違いを感じるとき、それはとてもいいことだと思います。

というのは、指導者はあくまでも外から見た選手しか理解できないからです。

選手がもっている感覚に介入することは絶対にできません。

だから、例えばフォームはいいと指導者が思っていても、選手は感覚が悪いと言ったら、それはどうしてかということを話す必要があります。

そういう場合、じゃあ次はどうやって走ったらいいかということにつながります。

人間の体は外的にも影響を受けるし自身の体調もあるので、常に走りの感覚は違います。

その違いがあるからこそ、選手は指導者とよく話す必要があるし、指導者は自分の視点だけが絶対ではないという意識は持っておくべきです。

 

 

選手と指導者があーだこーだ話している中にヒントがあるばず。

ましてパラグアイの陸上競技は選手が指導者に完全に依存している関係性なので、選手が主張すること、そして指導者が選手が主張しやすい環境を作ることは重要です。

これも文化の違いといえばそれまでなんでしょうけど、陸上競技自体は世界共通。

個人的には、特に指導者が全体的に努力する必要があるように感じます。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。