パラグアイの「ゴミ文化」。理想と現実の狭間で変えたくても変えられないもどかしさを感じて。

 

ぼくの任地であるパラグアイのサンタロサ市の練習場にはゴミが散乱しています。

陸上競技をやっている子供たちは決してゴミは捨てません。サッカーで利用している子供や親たちが捨てています。

だから陸上選手たちはゴミを捨てないから素晴らしいとは思えません。ゴミを捨てないけど拾うこともないから。

前任者も練習場にゴミが散乱している状況を変えようとしてゴミ問題に取り組んだみたいですが、やっぱり変えるのは難しかったようです。なぜなら、

「ゴミを捨てることが文化」

であるから。

それが普通だから。

 

 

練習場にはゴミが散乱している。だけど誰も気にしない。これが当たり前だから。

芝生のない場所にはこういった小さなゴミが敷き詰められているかのようにある。もちろん芝生の間にもたくさんゴミがある。

 

 

ゴミがあることが当たり前。

ゴミがあっても気にしないのも普通。

そもそもゴミがあることそれ自体になんの違和感も感じない。

 

 

彼らの文化を否定しているわけではなく、ぼくが大好きな陸上競技をこの地でやっていく上で心苦しいのです。

正直、別に練習内容なんてどうでもいい。強くなりたいと思っている人は勝手にやって勝手に強くなっていくし、そうじゃない人はどこの国の人でもそこまでしかやらないから。

中学生くらいの子供たちだったら体の成長に伴って勝手に記録も伸びていきます。

だからぼくが適当に指導して適当にたくさん走らせておけば絶対に記録は向上するし、記録が向上したという事実が残れば現地の陸上関係者にとっては万々歳なわけです。

ただ、それはぼくがやりたい活動ではありません。

ぼく自身が陸上競技が大好きだし、そんな陸上競技に妥協したくないから。

 

 

陸上競技は本当にシンプルなスポーツだけどものすごく奥が深い。

そんな繊細なスポーツだからこそ、陸上競技をするのに適した環境で陸上競技をしたいとぼくは思っています。

だけど現地の人達は場所さえあればあとはどうでもいいというか、そんな感じがなんか残念で。

それが普通だと思っていることがなんか悲しくて。

 

 

もちろんぼくは日本で陸上競技をずっとやってきた人間だから、日本の常識、文化を基に陸上競技を教えようとしているわけです。だから海外のスポーツ文化と異なっているのは当たり前。

ぼくは日本とパラグアイのスポーツ文化の違いを受け入れる必要があるのだと思います。

ゴミがあるのはしょうがない。そう思わなければいけないのかもしれません。

変えたくても変えられない文化というものも存在すると思うから。

 

 

子供たちは食べたアイスの袋はそこらへんにポイ捨て。練習場だろうが関係ない。子供たちにとって練習場は神聖な場所じゃない。

瓶ビール。ゴミを捨てるのは子供だけじゃない。むしろ大人の方が捨てているのかもしれない。

缶ビールも。こういう不燃物は土にも還らないから環境にも悪い。ゴミ箱があってもそんなもの関係ないって感じ。

 

 

どんなにぼくが変えたいと思って歩み寄っても踏み越えられない世界みたいなものがきっとある。

だからそこにアプローチしたくてもできない。歩み寄ろうとしても相手が必要ないと思っていれば受け入れられない。

そもそもボランティアが思っていることが相手にとっては全く問題のないことだという可能性だって十分にありえるわけだから、決して独りよがりに考えちゃいけないのだと思います。

相手のことを想って想って想いまくっても、相手のことを理解していなければなんの意味もないから。

 

 

現地の人たちは一体どう思っているんでしょうか?

練習場に行っては毎日溢れるゴミを見て、選手が拾って捨てることを願いながらもその願いが届かないことに必ず残念な気持ちになってしまう。

かと言ってぼくだけがゴミを拾うのもなんか違う気がして。それはぼくの理想のためにやることだから。

 

 

ぼくはまずは陸上競技をやる上での環境づくりや心構えとか、そういった陸上競技以前のものをやっていきたいと思っていますが、現地の人はとにかく自由に動くことそれだけで。

そんな違いがもどかしいです。

 

 

理想が高すぎるのでしょうか?

こんなに考えることがあるということは、おそらくぼく自身にも活動に対する考え方に問題はないと思いますが課題はあるのだと思います。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。