イタグアのニャンドゥティ祭りが想像以上に素晴らしかったので、47枚の写真と動画で紹介する

現地適応訓練のつかの間の休み。

現地適応訓練で毎日学校に行きますが、授業はいつも勉強だけではなくて町に行ったり料理したり文化を学んだりいろいろするのでいつも楽しいです。

パラグアイに来てからその楽しさのあまり確実にテンションが上がっている、大村康太(@KotaOhmura)です。

 

 

今回は同期と一緒にイタグア市で行われた「ニャンドゥティ祭り」に行ってきました!

ニャンドゥティというのは簡単に言うと「パラグアイの伝統織物」です。

 

 

パラグアイの祭りってどんな感じなの?

日本にいたら発展途上国の祭りの情報って手に入れにくいです。ぼくもパラグアイに来る前は「牛が有名」「サッカーが強い」くらいしか知りませんでしたからね(笑)

ということで、今回は大量の写真と動画でパラグアイの祭りの様子を紹介します!

 

パレード前に撮った写真です。

前情報だと9時から開始と聞いていましたが始まらず。会場にいたおじさんに聞いたら9時半と言っていたが始まらず。結局パレードが始まったのが10時半。

これが南米あるある(笑)

ぼくの同期のホームステイ先のにーにゃ。

ぼくにお人形をあげては取り上げるゲームでめちゃくちゃ楽しんでいました。

昨年のミスニャンドゥティ

この国旗もニャンドゥティ(織物)です

パレードの先頭は美女ばかりでした。

華やかすぎる人を先頭に置くのはどの国も同じなんですね。

ミスイタグア(右)とミスニャンドゥティ(左)

美しすぎやしませんか?(笑)

南米美人は度肝を抜かれるほど美人です。。。

ミスイタグア

ミスニャンドゥティ

そしてミスイタグアと2ショットを撮れるという奇跡!!

パラグアイに来て約2週間。素晴らしいです(笑)

各出し物は大会本部で停止して紹介されます。

各学校の出し物が行進していきます。

それぞれの学校が違う出し物、違う衣装を着ています。

それぞれの車にはその学校のミスキャンパス?が乗っているのですが、どの人も美しいからパラグアイのポテンシャルの高さを目の当たりにしました。

各出し物には番号が書かれています。出し物は全部で19ありました。

オレンジ色の美しいニャンドゥティ。そしてこの子も美しい。

車の後ろにはたくさんのこどもや大人が行進していきます。

祭りは写真OK(ちゃんと撮る人に確認を取っています)だったのでたくさん写真を撮りました。

結構自由なので出し物が止まったら通りの中に入って気軽に写真を撮ることができました。

こんな感じで出し物の前に行って写真を撮ります。当然現地人もやっていました。

歩道には露店がありました。この置物がなんなのかはわかりませんが、要するに置物です(笑)可愛いです。

ドレスを着ている人もいれば学校の制服を着て行進している人、コスプレを着ている人もいました。

各学校によってミスキャンパス?が違うし衣装も違います。

パレードを通してわかったことは、どのミスキャンパス?もみんなモデル体型だったということ。

つまり、この国でも理想の美しい体型、美はモデル体型ということです。

個人的には、この国では食べ物をうまくコントロールできればみんな美しいと思うんですけどね。

出し物の上にはおばあちゃんも乗っている。

こどもも先頭を行進する。

出し物の上では子供たちや大人たちがニャンドゥティを作っています。

ニャンドゥティの模様はたくさんあるようです。

なんと日本の出し物が! パラグアイと日本は歴史的に深い結びつきがあって、日本はパラグアイの友好国です。

日本の着物を着たにーにゃもいました。

とても似合ってるし扇子も華やかできれいです。

出し物に乗っていた渋いおばあちゃん。

何かを剥いていたのですが、それがなんなのかはわかりません。

出し物はトラックや車に装飾を施して作られています。その装飾はほとんどがニャンドゥティです。

ちなみにこんな感じになって撮影しました。

現地人を含めて低いところから撮影していたのはぼくだけでした(笑)

車の後ろにはにーにょとにーにゃが!なんか日本っぽいですよね!このにーにゃはぼくにお花をくれました。かわいい。

にーにゃからもらったお花と歓喜するぼく。

白色のニャンドゥティのドレスです。

これ、日本の結婚式で着たら超きれいだろうなと思うのはぼくだけでしょうか?

馬も行進します。そして馬にもニャンドゥティで装飾。

パラグアイ美人

行進中に泣き出す子供。写真撮ってすみません(笑)

パレードの後半に出てきた子供たちは車の上で少し飽きた様子でした(笑)

ニャンドゥティ3姉妹

中にはこんな遊びをしている人もいました。

しかしこの人形の腹の部分もしっかりニャンドゥティ。

 

とにかく南米美人が多すぎる!(笑)

そしてニャンドゥティがめちゃくちゃきれい!

このパレードを見ただけでニャンドゥティの虜になってしまう、それくらいニャンドゥティでしたしほしくなりました。

ただ今買ってしまうと2年間保管することになるので今は買いませんが。。

 

 

最後に動画です。

少しぶれている部分もありますが、音楽や雰囲気を感じてもらえたらと思います。

とても陽気な雰囲気でいいですよ!

 

 

いかがだったでしょうか?

南米といえばボリビア、ブラジル、アルゼンチン、ペルー。

だけど日本人からしたら未知の国パラグアイにもこんなに素敵なお祭りがありました。

 

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

Facebookページにいいね!お願いしますヽ(´▽`)/

大村
いいね!押してもらえるとめっちゃ嬉しい!
更新情報お届けしまっせ~

LINE@始めました!

大村
・日々の悩み事
・人生相談
などなど、大村流でトーク!!!

友達追加は↓のボタンをポチッとな♪
※個別にやりとりしたい人は、TwitterかFacebookページからメッセージお願いします。

友だち追加

コメントを残す