IAAFの指導者資格を獲得した先

 

パラグアイの指導者を対象としたIAAFの指導者資格講習会とテストがありました。

ほぼ全員が指導者資格を獲得できたものと思われます。

10日間程度の缶詰勉強をして獲得した資格なのでたくさん勉強したのだと思います。

 

 

これからの課題は

IAAFの資格を指導にどう活かすか

ということです。

 

 

パラグアイは資格を持っていることが重要で、実際できるかどうかはそんなに重要ではないような印象を受けます。

つまり「資格が死んでいる」状態ということ。

せっかく自分たちが好きで関わっている陸上競技の資格を取得したのだから、これを選手に還元してほしい。

資格があって指導に生かされれば、必ず選手は成長します。

資格を取ったのに選手が成長しないのは選手のせいではなく指導者の責任。

お金が足りないのではなく、指導者の責任です。

 

 

指導者資格を多くの指導者が獲得したということを、ぼくはパラグアイ陸上の発展の一つとして捉えたいです。

来シーズンに期待です。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。