活動における練習ノートの採用の行方

 

カウンターパートが「次の練習からノートを持ってきなさい。それにメニューを書いていくよ」と選手に言ってから、ずっとそれがなされないままここまで来ました。

 

 

練習ノートを書かないことが悪いわけではなくて、何がよくないかって、

言ったことをやらない

ということが問題。

これはもうぼく自身も文化的なものとして捉えているからしょうがないのかなと思うけど、本当に競技力向上を考えたときには絶対にやったほうがいい。

特に、パラグアイ陸上競技は行き当たりばったりで計画性がありません。ちょっときつい言い方ですけど。

そういうやり方で南米で入賞を目指すとかオリンピックに選手を送りたいとか、それって理想と現実が離れすぎています。

 

 

やれることもやっていないのに選手の成長が止まったら「才能がない」と片付けてしまうのがパラグアイの陸上競技。

「才能」の一言で済ませてしまったら、指導者の仕事は一体何なのかと思ってしまいます。

 

 

もう、別になんでもいいんですよ。

言ったことはやる。

ただそれだけのことがなかなか壁が高くてできない。

これは仕方がないと思いつつも、活動をする中で結構悲しく感じてしまいます。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。