シーズン2試合目。ネガティブからの脱却、心技体の充実で自己ベスト更新。

2019/3/3の記録

 

カウンターパートが指導しているやり投げの選手が自己ベストを大幅に更新することができました。

  1. 58m?(昨年までの自己ベスト)
  2. 59m68(初戦で自己ベスト更新)
  3. 64m08(シーズン2試合目、自己ベスト大幅更新)

この選手はものすごくまじめだけど言葉がネガティブなのが難点だったので、「ネガティブなことを言うな」というアドバイスをしていました。

例えばぼくがこの選手に「今日の練習はどうだった?」と聞くと「いや、今日はダメだった」という返事がほとんどだったのです。自分に厳しく、というのはアスリートがより高いレベルになるためには必要なことかもしれませんが、あまりにも厳しすぎて自分のことを正確に評価できなくなるとそのネガティブな評価が自分の現在の姿になってしまいます。思考は行動になり、やがて習慣になります。常にネガティブな思考であればそれが習慣になる、ということです。実際は悪くないのに自分の判断基準が「0か100」。そうなると自分に厳しい人は常に最低評価を自分に与えることになります。その評価を毎日自分にしていたらどうでしょうか。ネガティブでは身体は反応しないですよね。

実はこれはぼくが学生時代に経験したからこそ彼に伝えることができたアドバイスです。ぼくも学生時代は完璧主義で、まさしく「0か100」でした。当然完璧主義の人間は完璧にできなければ自己評価は0です。完璧にできないからこそ練習をするのに常にやること全てに完璧を求めていたら、それは練習とは言えません。練習をして失敗と成功を繰り返すことで完璧(理想)に近づいていく、これが練習です。ぼくはこれができませんでした。結果、常に悲観的で、トレーニングをしていたのにも関わらず記録も向上しませんでした。試合の時に自分で「ダメだ」という暗示をかける習慣ができていたのです。

 

 

メンタルは日々の言動の影響が大きいです。真面目な選手ほどいつもダメと言ってしまうので、今回は彼にその言動を禁止してもらいました。具体的には「今の動きはどうだった?」と質問した時に「ダメだった」ではなく「○○だったからダメだった」「あまりよくなかったけど○○はできた」「○○だったから次はここを少し変えてみよう」というように、自分の説明を具体性を持たせたり、あるいは結末をポジティブにさせたりしました。つまり、ダメだけではなく冷静に自己分析して次にやらなければならないことを的確に見つけることが目的になります。各試技ごとに「ダメだ」という思考停止ではなく自己分析をしてやるべきことが明確になれば次の試技に集中することができます。試合はダメなことを証明するための舞台ではなく、アスリートが今もっている自分の最大限のパフォーマンスをするための舞台です。

言葉はぼくたちが何気なく使っているものなので、普段はそんなに気にかけることはありません。でも何気なく使っているものだからこそ、その使い方が不適切なら言葉のもつネガティブな意味が日々の習慣、自分の姿になってしまいます。小さなことだからこそ大きいのです。

 

 

今回ぼくがやったことは「言葉を変える」だけです。カウンターパートが選手に提示するメニューには一切口出ししていません。

考え方、言動が変わるだけで結果が大きく変わります。

これを選手が誰よりも理解したのかなと思います。メンタルを究極的に鍛えるためにはもっとたくさんのことにアプローチしなければいけないかもしれませんが、ある程度のメンタルトレーニングであればまずは言葉を変えることが簡単で効果があるのかなと思います。

 

 

※その他、今回の試合で出たパラグアイ記録。ちなみにぼくも出場しました。

 

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。