【女子60m】トレーニングの成果が現れてきています

 

鍛錬期が始まって1ヶ月程度が経過して、少しずつではありますがトレーニングの成果が出てきているように感じます。

この選手は昨シーズンはシーズン途中で足に怪我を負い、その後は試合でいい走りをすることができませんでした。

その怪我の理由は、足を中心とした走りでひざ下が前にも後ろにも流れてしまっていたこと。

これが少しずつではありますが、足の軌道が改善し、少ない力でもピッチを高めることに成功しています。

 

 

今までやってこなかった基礎練習を取り入れ、それを実際の走りに生かすことができているから、実際の走りもタイムもよくなっています。

基礎練習だけで終わらない。

また、走るばかりで動きの理論を理解しない。

そうではなく、練習というのは基礎と実際の動きを組み合わせて向上させることだから、今の方向性に選手も手応えをつかんでいるようです。

 

 

おそらく来シーズン最初の試合は3月だから、あと3ヶ月はしっかりと練習することができます。

これからも怪我をせずにしっかりと練習を継続してほしいと思います。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。