パラグアイ女子初の11秒台への挑戦。グランプリ大会に向けた最終調整。

2019/5/4の記録

 

 

グランプリ大会に向けた最後の調整を行っています。
ぼくが指導している選手は今年に入ってパラグアイ記録を更新しましたが記録は12秒15。その後別の選手が高地で記録を更新したので今回の大会はパラグアイ記録の奪還のチャンス。

そしてなにより、今回の大会でパラグアイ史上初の女子100m11秒台を狙っています。

ここまでのプロセスは順調に進んできました。

 

 

 

グランプリ大会の数日前の練習では

  • 60m…7.43
  • 120m…14.63

という記録を出しました。
手動なので誤差はありますが、60mの記録はとてもいいものです。120mはもともと彼女は長い距離が得意ではないのでこんなものかなと思います。

手動計測なので7.43+0.1~0.2=7.53~7.63と仮定します。

こちらの記事(「副男スプリンター」様の記事引用)にある相関表によると、100mはおおよそ11.84~11.99で走れると予想することができます。

今年の彼女の目標は11秒8台だったので、おおよそ順調な仕上がりだと思います。楽しみですね!

 

 

 

前日練習ではスタート練習を1本だけ行い終了。
3日間の試合で100mと200mとリレーに出場予定なので1本のみの刺激にしてあとは休息をとらせました。

彼女自身の感覚もいいし、ぼくも見ている限りではかなりいい仕上がりになっていると感じているので、明日はパラグアイ史上初の11秒台が見れるかもしれません。

明日は今までのプロセスの評価にもなります。
もちろん試合のコンディションによって記録は大きく変わりますが、どんな条件でも自分の走りをしてほしいと思います。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。