パラグアイ陸上競技の足りない「予防医学」の考え方

 

1日2回の練習によってか、あるいは練習量が多いからか、あるいは負荷が高すぎるのか。

最近、カウンターパートが見ている選手たちが相次いで痛みを訴えています。

 

 

練習の目的はなんなのか?

それをカウンターパートも指導者も今一度考えなければいけないのかなと感じています。

量をこなせば強くなる、というわけではありません。

質のいい練習が必要だとは理解していても、じゃあ一体質の高い練習とはなんなのか?

これをしっかり考えないと「質のいい練習」と思い込んで練習しかねません。

 

 

怪我をしてからだと遅い。

特にまだまだ若い世代には「予防医学」というのを勉強してほしいです。

怪我をするとモチベーションがどうしても下がりやすい。

実際高みを目指すならモチベーションの違いによってやることを変えるというのはどうかと思いますが、モチベーションは協議を続ける上で必要。

怪我をする前に、勇気を持って休む。

休むことは時間の浪費ではありません。

トップ選手を目指すなら、試合に出ないことには意味がないから。

 

 

トレーニングだけが全てではない。

それを残りの任期で少しでも学んでほしいです。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。