パラグアイ記録保持者のテレビインタービューとボランティアのテレビ出演

2019/4/5の記録

 

 

先日、指導している選手がパラグアイ記録を更新したのでTVインタビューを受けていました。

 

 

実際のところ、パラグアイ記録はまだ12秒15(+0.5)で日本の中学記録よりも遅いので記録的な価値は低いです。でもパラグアイにとってはとても大きなニュースなんですよね。日本人感覚だと普通の記録でも、国が違えばこうやってスターになれるんです。これって当たり前のことなんですけど、いざ現場で見ると不思議な感じがするんです。

 

 

個人的にもとてもうれしいです。指導している選手がこうやって注目される選手になるというのは。注目されることでプレッシャーを感じることもあるかもしれませんが、それは強く期待されている選手にしか味わえないものとしてポジティブにとらえてほしいです。

今はパラグアイ記録を更新したということ、そして注目されていることをいろんな雰囲気の中から感じて、南米大会に向けてパラグアイのトップ、女王として戦ってほしいです。昨年から国のトップ選手ではありましたが、今年は数段レベルアップした彼女がひとり抜けてトップ。そして70年間のパラグアイ陸上競技史上だれも成し遂げていない11秒台を狙うというのは前例がなく大変なこともあると思います。

レベルはまだ低いですがこの国では注目される選手になりました。でも、どんな状況でものびのびと陸上競技を楽しんでほしいです。これがぼくの願いです。

 

 

ちなみにぼくもTVインタビューするか聞かれたのですが断りました。協力隊は事前に申請していないとインタビューやTV出演はできない決まりになっています。でもTVには少しだけ映りました。OKなんですかね?

 

指導している選手とぼくが出演しているTV
(Facebook動画です)

 

普段の指導風景を遠くから撮影していたので、実際の活動の様子を少しだけ見ることができます。

TVに出演しているのでぜひ見てください。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。