混成競技で20歳以下の南米大会優勝を狙う選手がパラグアイ記録更新

 2019/4/14の記録

 

 

普段指導している選手が20歳以下のハードルのパラグアイ記録を更新しました。

昨年前での自己ベストは15.0くらいだったから約0.2秒の更新。18歳なので決して速い記録ではありませんが、彼女の本職は混成競技なので各種目の記録の向上が今後の彼女のパフォーマンスに大きなプラスになります。
今までの記録が14.93でしたが、これも過去に混成競技の選手が樹立したもの。現在その選手は5900点近くまで記録することができる、もしかしたらオリンピックも狙える選手にまで成長しました。

 

 

昨年ぼくがアスンシオンに任地変更になってからたくさんのことを教えてきましたが、その多くは考え方であったり疲れたら休むといったようなとても基礎的なことでした。

実際、昨年からもっとバリバリ指導していたら昨年度中に世代別のパラグアイ記録を更新させることはできたと思います。
でもそれをやらなかったのはそれ以上に大切なことがあったからです。

それはアスリートである以前に、人としてどうあるべきかを知るということでした。

任地変更後すぐに練習を見たときの印象は「ただやらされている」というもの。指導者、ぼくのカウンターパートが言ったことを自分の考えもなしにただやるといった具合です。実際そのころは「自分の考えをカウンターパートに伝えてもノーと言われるから意味がない」という話も聞いていました。
完全にやらされているだけだったんですよね。

そのような状況では絶対に強くなりません。それは今までのパラグアイ陸上競技70年間の歴史が証明しています。

だからこそ何か変化を加えなければいけない、でもボランティアという立場でできることは小さな変化だと考えていました。なぜならいきなり大きな変化を起こしてしまったら彼らにとって再現性がないからです。あのボランティアだからできた、自分たちには無理だと思われたらよくない。だからこそ競技以前のことから取り掛かりました。

それから約10ヶ月、トレーニングと競技以前の思考の変化によって世代別のパラグアイ記録を更新することができました。

 

 

 

また、ハードル後に行われた走り高跳びでも自己ベストを更新することができました。
実際の混成競技でも最初がハードル、次が高跳びなので、この流れで連続自己ベストは彼女にとってとても大きな収穫になりました。

20歳以下の南米大会の選考はこれからですが、その試合に向けていい準備ができていると思います。
彼女を含めて選手には「試合の記録は今まのでプロセス、準備の結果」と伝えています。まさしく、今回いいプロセスを踏めてきたからこそ確実に記録を更新し、南米大会への準備ができていると言っても過言ではありません。

まだ南米大会は先ですが、今からとても楽しみです。

 

 

 

そして、別の指導者の選手ではありますが、彼女も世代別のパラグアイ記録を更新しました。
彼女に対しても鍛錬期に技術指導を行いました。別の指導者なので練習メニューには口出しできませんが、特にスタート局面の技術の改善が記録向上につながっているかなと感じています。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。