忙しいスケジュールなのにぼくがマルチタスクをこなせる理由を紹介する

こんにちは!
大村康太(@KotaOhmura)です!

 

派遣前訓練1週目が終了しました!

語学訓練も本格的にスタートしたので、パラグアイ(スペイン語圏)に派遣されるぼくから初めてのスペイン語でのあいさつ。

 

駒ヶ根の田んぼでじゃーんぷ!

ブエナスノーチェス!!!

 

 

エスパニョール入力の設定が少し面倒くさいので今日はカタカナでの挨拶(笑)

という感じでちゃんと勉強していますよ!!

 

 

さて、青年海外協力隊の派遣前訓練は午前午後共にスケジュールがぎゅうぎゅう詰めです。だから、自由時間って少ないんですよね。ハードな生活です。

まぁ、こんなことをぼくが言っているということはぼくはかなり悠々自適な生活を送っているわけです(笑)

訓練所に来てからもぼくは訓練前にやっていたことをほぼそのままこなすことができています。

訓練所に来てからの方が明らかに忙しいのは忙しい。だけど、ぼくがマルチタスクをバンバンこなせる理由があるんですね。

 

 

訓練所で勉強もあるし講座もあるしって大変に見えるけど、全部に力を入れる必要はないと思っているんです。全部に力を入れていたらパンクしてしまいます。

たくさんのことを課せられますが、自分自身でこれは必要でこれは必要じゃないということを取捨選択する能力ってかなり大切だと、この1週間を過ごして思いました。

大切なところに力を入れて、そうじゃないところはある程度手を抜く。そしてそれで空いた時間やもともと空いている時間を最大限に有効活用すればなんだってできます。

 

 

こんなことを書いているとぼくは超機械的な人間と思われてしまいそうなので一応言っておきますが、かなりいい仲間もできました。付き合いも大切にしていますよ!

 

体育委員で体力テスト終了後に写真撮影!

 

ぼくがこういう癖のある性格なので、ぼくと似たような性格の人はもちろん、全く自分とは関係のない人ともコンタクトを取っています。

せっかく190人もの人がいる中で同じ派遣国や同じ委員会、班の人とばかりいたら面白くないんですよ。

こんなにもたくさんの異なるバックグラウンドを持っている人が集まっているなら、ぼくにとってむしろ大切なのは普段関わらない人なんです。なぜなら、それは未知の可能性だから。

同じグループが一番大切だなんて微塵も思いませんね。大切にしたい人はぼくが決めます。

 

 

そんなことで、前置きが長くなりましたが(笑)、
今日は、超絶忙しいと言われている派遣前訓練でぼくが余裕でマルチタスクをこなせている理由や考え方を紹介しようと思います!!

 

 

 

 

 

ということで、ぼくはこんな感じに思っています。

 

 

これはぼく独自の考えですが、語学の授業が終わって同じクラスの人と食べると、リラックスできなくなるんです。

休み時間だからリラックスできるのではなく、休み時間に語学と距離をおけるからリラックスできる。

おそらく同じ言語の人とご飯を食べたら絶対に「あれがわからない」「マジ無理!」ってかんじでマイナスの言葉が発せられます。マイナス言語は脳に刷り込まれます。勉強において「できない」と思いながらやることが一番良くない。

だからぼくは最近一人で食べています。ご飯の時間に仲間と食べるのも交流の意味でいいとは思いますが、ぼくはそれ以外の時間で交流できると思っているのでご飯を一緒に食べることにこだわりはありません。

 

 

実際昨日も夜は自主的に催されたヨガクラスに参加しました。

言語が違うとどうしても普段の生活で距離感が生まれてしまいます。だけど、こうした趣味や好きを目的として集まることって、それだけで普段接することがない新しい人との出会いに繋がるんです。

ぼくにとっては語学は重要タスクじゃない。

むしろ大切なのは面白い人と面白いことをすること。繋がりを作ることです。

 

 

 

時間とタスクを効率化すればやりたいことはなんでもできます。

この訓練所は特殊な空間だからこそ、面白い人がいる。その人と絡まない理由なんてありません。積極的に絡みに行きます。

人とのつながりは新しい可能性を生み出します。それが協力隊活動に限らず、人生においてものすごく重要なことです。

特にこれからの時代はいかに自分のブランド力を高めるか、そして仲間とのつながりから新しい可能性を見つけて想像していける人間が強い。

勉強なんてできて当たり前の時代に突入しています。

 

 

今大切なのは行動力です。

とにかくやってみること。出来る出来ないに限らずやりたいこと、好きなことができるひとはステップが軽いのでどんどん成長することができます。

ぼくはこの訓練所で今やっていることを続けることができたら、それだけでいいコネクションもできるし、何より自分の自信につながります。ぼくの人生は協力隊活動で終わるわけじゃなくて、その先のほうが長いです。むしろ帰国後が人生の勝負どころです。

 

 

どんなに忙しくてもできない理由を挙げてできない自分を正当化するのではなく、できないかもしれないけどやってみたいことをやってみる。

そっちのほうが人生においてはよっぽど価値のあることです。

 

 

ぼくはこの訓練所生活でもやりたいことは全部やっていきます。

まだまだできる。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

Facebookページにいいね!お願いしますヽ(´▽`)/

大村
いいね!押してもらえるとめっちゃ嬉しい!
更新情報お届けしまっせ~

LINE@始めました!

大村
・日々の悩み事
・人生相談
などなど、大村流でトーク!!!

友達追加は↓のボタンをポチッとな♪
※個別にやりとりしたい人は、TwitterかFacebookページからメッセージお願いします。

友だち追加

コメントを残す