(恋愛~駒ヶ根マジックへの道~その2)コミュニケーション能力が向上しない3つの原因

こんにちは!大村(@KotaOhmuraです。

青年海外協力隊の恋愛「駒ヶ根マジックへの道」の第2話になります。

駒ヶ根マジックとはなんぞや?という人は、第1話を見てください。駒ヶ根マジックの定義と訓練所でカップルが生まれる理由が書かれています。

(恋愛~駒ヶ根マジックへの道~その1)まずはコミュニケーション手法を振り返れ!キモいかも知れないぞ!

2017.05.10

 

参考にした本は引き続き「ナンパ」になります。この本は青年海外協力隊の必携本にするべきコミュニケーションの極意が書かれています。

 

1話で自分のコミュニケーション能力をチェックしたので、第2弾ではコミュニケーションがうまくとれない原因を紹介します!

 

コミュニケーションがうまくできない原因

1.他人への恐怖心

しかしとにかくナンパってものに触れてみて、改めて自分がいかに赤の他人に恐怖心を抱いているか、ってことを思い知りましたよね。そして、ただ「若い子をナンパする=道端でいきなり登場し、異性としてアプローチする」って行為に、普段は隠れている恐怖心がむき出しになって現れる、ってことを発見したのでした。

引用:究極の男磨き道 ナンパ(零時レイ)P56

 

まず、コミュニケーションがうまくできない原因の1つとして、

原因①
他人への恐怖心

が挙げられます。

 

本当は、別に話しかけようとしている相手は普通なんですよね。サングラスかけてたりとか、ちょっとチャラついた金属を身にまとっていたりする場合は別ですが、そこらへんを歩いている人ってまぁ普通の格好をしていますよね?

見た目が普通であれば外見からは恐怖心を抱くことはありません。コミュニケーションがうまくできない人は、

  • アイツ変じゃね(´・ω・`)?
  • キモッ《゚Д゚》!
  • 嫌われたくない

などと思われたくないのだと思います。本当は普通に会話している分にはそういうことは起こりません。どういう場合にこう思われてしまうかというと、自分から意味不明な変なコミュニケーションをとった場合です。

変なコミュニケーションとは、

  • 感情の起伏がない
  • 自分のことが一番大切
  • 目を合わせない、無表情である
  • 気が小さい
  • ネガティブな発言や反応をする

こういうコミュニケーション。人は自分に降りかかる恐怖に対して恐怖の根源を遠ざけようとします。まさしく気持ち悪いコミュニケーションは恐怖の根源なので、これではうまくコミュニケーションが取れないし嫌われてしまうでしょう。

普通に友達と話すように会話すればいいだけなんです。初対面の人であろうと。

 

特別なことなんてしなくていい。かえって特別になにかしようとすると違和感が生じて気持ち悪くなってしまうので逆効果です。

 

2.人の性質を理解していない

店を出ても女の子たちは明らかにまだ帰りたくなさそうでした。しかし友人はさくさくと別れを告げると、その子は物足りなそうに去っていきました。

友人「一人目で成功だったなあ、おい。食いつきもいいし」

オレ「おめーすごすぎだけど!なんであの子いけるって思ったの?」

友人「そんな雰囲気だったろ?歩き方もゆっくりだったし。女ってさ、自分では自覚してなくても、本能では声をかけてもらいたいって思ってるもんだ。そんな感じがしたっしょ」

引用:究極の男磨き道 ナンパ(零時レイ)P54

 

コミュニケーションがうまくできない2つ目の原因は、

原因②
人間はコミュニケーションをとりたい生き物だということを理解していない

ということが挙げられます。

 

そもそもコミュニケーションをとりたくない人間は飲み会とかパーティーとか参加しませんから。コミュニケーションで盛り上がるような環境の中に人が存在しているということはなにかしらコミュニケーションをとりたいんですよ。

それこそコミュニケーションをとりたくない人はひきこもります。はい。

 

駒ヶ根マジックが起きる訓練所だって同じ。

青年海外協力隊は確かにコミュニケーションをとることが苦手な人も参加していると思います。ただ、そういう人でも実際の活動の中でコミュニケーションは重要だということを理解しているし、もっと人と話せるようになりたいと思っているはず。そう思っているからこそ青年海外協力隊に参加する。

つまり、みんなうまくコミュニケーションをとりたいわけですよ。知らない人であろうと。人間は争いより平和、うまくやっていきたい生き物です。

 

よく飲み会とかパーティーとかでひとりでいる人っていませんか?過去のぼくもそうでした。

これって人と絡みたくないからひとりでいるわけじゃないですよ?

  • 人とどんな話をすればいいかわからない
  • 話をしたいけど空気が変わるかもしれないから自分からはいけない
  • 変な思いをするくらいだったら1人のほうがいい

こんな事を思っているわけです。実は話をしたいんです。

話の仕方、切り口、勇気が足りないだけ。むしろ、話しかけることができないから話しかけてほしいんです。

なので、コミュニケーションが苦手な人はこういう人たちに進んで声をかけてみてください。それだけで孤立している彼らを引き出すことができるし、コミュニケーションは簡単に取ることができるようになります。

 

その場にいる人間のほとんどは、男女関係なくコミュニケーションをとりたいんです。ただコミュニケーションの仕方がわからないだけ。

コミュニケーションをとりたいと思っている人を恐れる必要なんてないし、恐れる理由もありません。まずは一言話しかけてみればいい。

 

3.プライドが高い

実はオレはこいつと自分を比べて、外見や頭では負けないつもりでいたし、むしろ勝ってんじゃね?くらいに思っていたほどなのです。ぶっちゃけオレがスペック上じゃね?と・・・。例の、本屋で読んだ本に書いてあった、ひきこもりにありがちなやつです。なんの根拠もないのに自尊心ばかりが高いってやつです。

しかし、この日の出来事で、そんな無根拠すぎる自惚れは一瞬で吹き飛ばされてしまいました。なにせ、一目瞭然の、明らかにすさまじい差を見せつけられたのです。

引用:究極の男磨き道 ナンパ(零時レイ)P57

 

コミュニケーションがうまくできない3つ目の原因は、

原因③
無駄にプライドが高すぎる

です。

 

あなたの周りにもいるのではないでしょうか?無駄にプライドが高くて近寄り難かったり、意味不明な難しい話ばかりする人。

そういうのって自分のプライド誇示して相手より優位でいたいっていう表れです。無意識にそうなってしまっているのが本当にイタイ。。。

優位でいようという無意識さが存在してしまっている時点で「あなた=相手」というコミュニケーションで必要な対等な関係が崩れています。

友達と話をするとき自分のプライドを誇示しながら話をする人っているでしょうか?仮にいたとして、そういう人って友達少ないんじゃないかなって思います。なぜなら友達になった人が去っていくからです。

 

あとは無駄にプライドが高すぎると、完璧主義になってしまって「失敗できない」という自分をただ縛るだけの固定観念に支配されてしまいます。

  • 嫌われたらもう終わりだ
  • うわっ、失敗した。死んだわ、もう。

なんて思ったり。「うわぁ~、もう終わったわ。死んだわ。。」というのが口癖の人って結構いると思います。注意しましょう。いつの間にか完璧主義の道を歩んでしまいますよ?

そもそも「失敗=悪いこと」という思考を完璧主義の人は持っています。話がうまくいかなかったことやノリきれなかったなどなど、それって本当に悪いことなのでしょうか?

 

樹形図はイエスorノーで永遠と続いていきます。コミュニケーションも同じ。

コミュニケーションもイエスorノーの選択の連続で成り立っているのだから、1回の失敗でコミュニケーションが失敗だったなんて言えないはずです。

コミュニケーションはトータルで考えるもの。完璧主義の人は一回の選択や結果だけにこだわりが強すぎるんです。

イエスorノーの選択の連続で道ってどんどん示されていくじゃないですか。コミュニケーションの一回の失敗でも次のコミュニケーションの道ってまた現れるんですよ。

その時に自分のベストを選択し続けることがコミュニケーションを成立させるんです。

 

プライドの高い人は、ひとつの失敗でコミュニケーション全てが台無しという考えを捨てて、その時その時のベストなコミュニケーションの選択を繰り返す意識を持ってはどうでしょうか?

 

まとめ

あなたがうまくコミュニケーションをうまくとれないのは、

  • 他人への恐怖心
  • 人間はコミュニケーションをとりたい生き物だということを理解していない
  • 無駄にプライドが高すぎる

という3つの原因があるからです。

 

人は歩んできた道は違えど、全くの未知の生物ではありません。基本的には自分と同じ。怖くない。

だったら自分が話しかけられたら楽って思えるような話し方で話しかければいいだけです。

 

人間って争いを好む生き物じゃないですよ、本来は。誰もが普通にコミュニケーションを取って心地よい人間関係を築きたいんです。人が嫌いだから離さないのではなく話し方がわからないから話さないんです。

だったらコミュニケーションをとることが苦手な人はそういう人と話をしてコミュニケーションの輪を少しずつ広げていけばいいのではないでしょうか?

 

無駄にプライドが高い人には人は近づきません。友達と話す時ってラフに話をしますよね?自分のプライドを誇示しまくっている人はその時点で話し相手と対等な関係ができないので、コミュニケーションもとりづらいはず。

もっとラフに自分をオープンにしても嫌われません。むしろ親近感が湧きます。だから失敗とかどうでもいいんです。早くその完璧主義を捨てましょう。

 

青年海外協力隊で恋愛をしたい人、駒ヶ根マジックを起こしたい人はこれらの原因を排除しましょう。

「飾らないありのままのあなた」だからこそ恋愛する価値があるのです。

 

 

コミュニケーションがうまくできない3つの原因を排除する最も簡単な方法を教えます。

大村
自分の最大限の適当さを出せ!

これです(笑)。超簡単。

ポイントは「最大限に」です。恐らく大抵の人はあれやってこれやってって言っても最大限にできないんです。大概セーブしたり躊躇したりする。

多少大げさくらいに適当なくらいがちょうどいいんです。

 

どうすればプライド捨てられるの?

って思っている人はめちゃくちゃ適当になってみましょう。死なないから大丈夫。むしろ楽になるから。

 

 

おわり!

 

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

Facebookページにいいね!お願いしますヽ(´▽`)/

大村
いいね!押してもらえるとめっちゃ嬉しい!
更新情報お届けしまっせ~

LINE@始めました!

大村
・日々の悩み事
・人生相談
などなど、大村流でトーク!!!

友達追加は↓のボタンをポチッとな♪
※個別にやりとりしたい人は、TwitterかFacebookページからメッセージお願いします。

友だち追加

コメントを残す