【走練習】アキレス腱痛改善のための、トレーニング前のマッサージについて

 

7月くらいから走る練習が再開できたのも束の間、8月中旬くらいに幅跳の砂場に着地した時にアキレス腱がメリッといき長期離脱。

約3ヶ月ぶりくらいに走る練習をすることができました。

 

 

最近になってアキレス腱の調子がよくなったことの要因の一つとして挙げられるのは、トレーニング前のオイルマッサージです。

アキレス腱を痛めてからも歩行や筋力トレーニングはほどほどに継続していたのですが、最近トレーニング前のオイルマッサージをし始めてから劇的にアキレス腱痛が改善しました。

オイルマッサージの場所は足裏とふくらはぎ。

本当は大腿四頭筋なんかもやればいいんでしょうけど、面倒くさいのと、あとは面倒くさいのは基本続ければいので、ふくらはぎと足裏だけ。

これだけでかなり楽になります。

おそらくですが、夜寝る前にオイルマッサージをするのも大切だけど、いかに練習前にウォームアップできるかどうか、柔らかくできるかどうかがアキレス腱痛もちの人には大切なのではないかと考えています。

 

 

実際動画の走りを見ても、まだ完全に痛みが引けたわけではないので踏み込みができません。

踏み込むとまたメリッと行きそうな気がするからです。

なので走りのバランスも崩れてしまっていて決していい走りだとは言えませんが、軽くなら走れるようになりました。

 

 

この動画は70%程度の出力でしょうか。

ずっと走っていなかったので走りがもっさりしています。

踏み込みができない分、膝のクッション動作が大きくなっていて反発を体全体で受け取れていないし、上体も少し前傾したいけど前傾にすると踏み込みの力が増してしまってこれまたアキレス腱の不安が出てしまいます。

まだまだですが、アキレス腱痛もちで競技を諦めたくないので、これから傷めない範囲の中で練習を継続していけたらと思います。

アキレス腱痛にはかなり悩まされてきてろくに練習できなかったので、ほかのアスリートがアキレス腱痛で悩んでいる苦悩をすごく理解できます。

これからもアキレス腱痛とどう付き合っていけばいいかを自分で試しながら競技を継続していこうと思います。

 

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。
趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。

いいね!してくれたら超嬉しいです\(^o^)/!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017年9月から南米パラグアイで青年海外協力隊の陸上競技隊員として活動中。大学ではスポーツを専攻。日本でコーチング後、パラグアイでナショナルレベルまでの選手の育成強化・競技の普及活動、及び小学校体育教育を行っている。 趣味はカメラとトレーニング。ブログとSNSの更新頻度は多め。